良いお天気で焦ってしまった一日

hana28.jpg

CANONが早朝花塚から電話をくれた。素晴らしい晴天である。もしや富士山が見えたか?
見えればやっと花塚山から解放されるが、悔しい気持ちも残る。見えなければ見えるまで花塚登山は続く。しかしチャンスでもある。でも遠望は2月中頃までが限界だろう…
仕事してても気になって、電話をすると「見えているかも?」との返事
画像修正した結果が届いたが、写っていない。
期待していた(半分は)のに、こんなに良い天気でもダメなのか???
どうしても気温が高いのだろう。
チャレンジは続く。今回の積雪で花塚山登山にはアイゼンが必要になったので、新しいアイゼンを注文してしまった。
ai.jpg
6本爪+ミニ3本 韓国製のようだけど、価格は驚きの3,980円だった。ゼビオで見た商品はほとんど同じで約8,000円。10本爪の価格だった。
仲良くCANONにも押し売りしてしまったが、正月に届くのが楽しみである。



そうそう、花塚山からの富士遠望のチャレンジには M 氏というライバルがいて競い合っていたが、病についてしまったと聞く。今季は無理のご様子。残念だ。彼とはいずれ会うだろうと思っていたが、花塚山頂で4回お会いできた。
彼のキャッチフレーズは「夢を追う」。大好きな言葉である。
彼の為にも今季のチャレンジは中止した方が良いのか否か。でも第三者に先を越されては悔しいので、本気で登ってみようと思うのだった。
年末年始はお天気がよろしくなさそうではあるが・・・
スポンサーサイト

テーマ : 福島県『ど真ん中周遊情報発信センター』
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: