3日の花塚山

正月の最後の休日は山を2つ登りました。
DSCF5244s.jpg
元旦に続き花塚山からの富士山遠望チャレンジ
氷点下7度まで下がり期待できたが、見えない。
DSCF5249s.jpg
移ケ岳(左)と矢大臣山(中央奥)と麓山(右)
DSCF5245s.jpg
麓山と口太山
この山の間に富士山なのだが・・・
DSCF5224s.jpg
郡山市内が見える
DSCF5251s.jpg
ニ岐山
今年は登らないとなぁ
DSCF5254s.jpg
那須の朝日岳から甲子方面。
昨年の暮れに凍死者がでてしまった。


富士山は何故見えないのだろう?
CANONが一昨年麓山から富士山をとらえて新聞にでて話題になった。先ずは原点に戻ろうと思い、午後から愛犬と細君と3人で麓山に登る。
新しいアイゼンの使い心地はとても楽に装着できグリップ力のほどほどで、楽に雪道を歩けた。
山頂ではパラグライダーを楽しんでいる方が5~6人いて、富士山の話をしてみたら、10時くらいまで見えていたという。1200m位まで上昇するようで、高さがあれば見えるようだ。
ということは、花塚山の護摩壇ではやはり低いのかもしれないと思った。
スポンサーサイト

テーマ : 福島県『ど真ん中周遊情報発信センター』
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: