リベンジ花塚登山は氷点下10℃ (@_@)

昨夜、田代先生から残念な鑑定結果が送られてきた。富士山の位置が違い過ぎるのが理由。
そしてアドバイスいただいた位置はずっと右端だった。
tasiro0111.jpg
そして山頂部分がかろうじて見えるか見えないかという微妙な大きさである。
こりゃぁ、厳しい!
DSCF5488sz.jpg
午前6時、花塚の里登山口に5人集合。既に氷点下4℃。このシーズンの最低気温だった。
昨日の降雪が加わり慎重に登り7時10分花塚台に着く。
DSCF5478sz.jpg
見えない・・・
気温は氷点下10度以下。
どんどん天候が悪化し約15分程度で下山することとなった。
DSCF5475sz.jpg
花が咲いたのような霧氷
DSCF5494sz.jpg
気温は低いが風がなく、雪道も気持ちがいい!
DSCF5497sz.jpg
中央御室からKINさんと二人で小綱木後沢へ下るルートを初めて下りてみた。誰も歩かない様子で、分岐から5分位下ると熊笹の杉林に入り、さらに5分程度で杉林が終わり登山口に出た。近い!
DSCF5500sz.jpg
いつも花塚台から眺める口太山。裏口太までの全景が綺麗に間近かに見える。
DSCF5502sz.jpg
登山口から花塚林道までの10分は車道歩きだった。
大規模にタラの芽栽培が行われている。
花塚林道に着いてからCANONに電話すると、ちょうど花塚の里駐車場に着いた時だったようだ。
林道を横断し、車道歩きを続けると立派なお庭があった。
gps110110.jpg
今朝のルート Googleへリンク
スポンサーサイト

テーマ : 福島県『ど真ん中周遊情報発信センター』
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: