猫魔ケ岳

久々に山の会「にりんそう」のメンバー7人で猫魔ケ岳に出向いた。リーダーの奥様が参加すると楽しさが倍増する。登山口に着くまでの約2時間は笑いの時間。楽しい会話に息つく暇もなく笑い続けた。いったい車内の気積(空気の体積)は何m3あるのか分からないが、呼吸困難になりそうになり窓を少し開けた。
nekoma04
雄国沼と飯豊
猫石というスポットに着き昼食となった。昨日は夕方から風が強く時折雨も強まり大荒れの天候だったが、その為か早朝から晴れ渡り気温も低く、秋を思わせるような爽やかな天候に恵まれた。
先月までニッコウキスゲで賑わった雄国沼は静かに水を溜め、低くたなびく雲の上には飯豊連峰の頂が見えて、しばらくの間、みとれてしまった。
nekoma05

nekoma01
会津磐梯山
nekoma02
猪苗代湖
nekoma03
会津若松市
下山後、裏磐梯の休暇村の露天風呂に浸かっていると、右隣の男性に声をかけられた。以前の仕事でお世話になった某会社の社長だった。7年ぶりの再会で、それも裸同士である。近況をお話し彼のメタボになった腹部をまさぐってやり別れた。
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: