2002年8月で隠蔽された圧力隔壁のヒビ

リンクを貼りました↓
日本弁護士連合会の提言書

なんだって!
TVに前福島県知事の佐藤栄作久が出て、内部告発で知っていた事実を語った。
すぐさまネットで調べると、いっぱいとりあげられており、知らないのは自分だけ?
「2002年8月、東京電力が、福島など3原発の点検の際に配管や炉心隔壁(シュラウド)のひびなどを見つけてていたにもかかわらず、点検記録を書き換えて国に報告していなかったことが、検査を請け負った外国企業の告発によって判明した。」と。
その中には今回の第一原発3号炉も隠蔽されていたのだ。
タービン室で高濃度の汚染水に浸ってしまったまだ若い3名の作業員は人柱か!(怒)
今更、前知事がそれを暴露して、何も解決しない。いっそう不安になってしまう!(怒)!(怒)!(怒)!

どうなってしまうんだろう!

fukushima_326.jpg
今日のモニタリング結果が既に公開されていた。今日は0.9~2.3
相変わらず、飯館村が高いのが気になる。この調子では、1ケ月間に32ミリシーベルト(32,000マイクロシーベルト)で年間にすれば384ミリ・・・約400ミリシーベルトだろう・・・
16f1c9c74659a301cfea-L.jpg
最近よくみる絵だけど、これにあてはめて解釈すれば良いのか、よく解らない。
スポンサーサイト

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: