ますます憂鬱になる

DSCF6367q.jpg


朝から小雨がふり続きた。雨に濡れると危険らしいが、どう危険なのか?よく理解できてきない。
今日は0.2MSV
ようやく1MSV以下になった。
昨日、仕事で移動中に前を走行していたのが観測車だったのを始めて知った。よく見ると、八戸ナンバーだ。
遠くからきて、毎日観測をやっているのだ。車種はパジェロだけど、センサーは屋根の上に2基搭載しており、車内で観測しているのだろうが、車内の機密性は大丈夫なのだろうか?安全に慎重に職務にあたっていただきたい。

409.jpg

今日のMSV



12日に再調査対象地の土壌調査結果が公表される。地形が複雑なところなので安全を考慮して広い範囲で危険性を示唆することになれば、いよいよ我家も避難範囲となる恐れもある。
地震後、みるみるレベルダウンしてしまい、歩行もできなくなってしまった父を抱えているので、どのように対処したらよいのか?今日、病院内の日被爆線量は屋外の10%と聞いたが、長期化が避けられない状況だし、再度水素爆発等の異変は生じたら待った無しであろう。
川俣町内人口の高齢化率は約30&で、その6分の1が介護を要する世帯である。
軽度から重度の違いはあっても要介護(介護が必要)な人たちを支える力は今の行政には期待はできないのである。
昨々夜の大きな余震で、鉄筋コンクリート造の川俣町役場の柱はせん断破壊して(短柱破壊?)しまい、中央公民館等にに機能移転するようになった。町職員の方々も本当に大変だ。
まだ、この状況は序説にすぎないのかもしれない・・・

DSCF6363a.jpg



スポンサーサイト

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: