創生水で放射線が消えるそうだ (・・?

私たちはボランティア活動で訪れた被災地で、放射能に汚染された水を創生水生成器に通し、放射能汚染状況を測定いたしました。
測定は日立協和エンジニアリング(株)の専門セクションが行いました。
その結果、3項目の核種で汚染されていた原水が創生水生成器の通過後はそれらは全て除去され、検出することが出来ませんでした。


初めて聞いた「創生水」
何に興味をもったかと言えば、日立協和エンジニアリングの土壌汚染報告書だった。
近所の田んぼからは規制値を越えた5700ベクレムとある。
新聞や町の広報では規制値以下だったので耕作OKと報じられていたが・・・
また、花塚山の峠の森付近の雑草からはなんと5????ベクレムの数値だったのだ。
そして、その土や雑草を創生水を入れるか洗うかして測定した結果、ヨウ素やセシウムの数値が低下したとの報告書。
すごいではないか!人類の危機を救える!
どんなメカニズムで水が放射線を消してしまったの?
クラスターから原子やらチチンプイプイの果てに、黒曜石(アスベスト原料)とトルマリン(電気石)となぜかアルミ。
それは単なる軟水生成器だった。
そして価格は200万くらい。
お風呂や飲み水には良さそうだけど、降り続く放射線下にある田んぼの水をがんばって浄化してほしいと願う。

それにしても、日立協和エンジニアリングに持ち込まれた測定用サンプリングにはどんな細工が施されていたのだろう?

「あ!突然恐れ入ります。この地域は環境汚染が進んでいるようなので調査に伺いました・・・」なんて飛び込み業者には注意しなければならない。

あ~ぁ、腹が立つ!



スポンサーサイト

テーマ : 生きること
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: