失望 失望 の連続

DSC09962.jpg
千貫森(うつくしま百名山)

仕事の移動中に綺麗に見えるポイントがあった。のどかな里山とのバランスが良く、ホッとする風景だ。


この地から約300km離れた場所に国会がある。
そこでは国民の代表と言われる人達が菅内閣不信任決議案の採決が行われていた。
勝者なき戦いに躍起になっているのは何故だったのだろう。
震災直後は、どんな議員さんも声をそろえて「政治は一時休戦するのが常識だ。民主とか自民ではなく、挙国一致の体制で対応に当たってもらいたい。」と言っていたのだが・・・
現状はまだまだ復興のスタート地点にも立てないでいる。

菅下ろしに夢中になっている時間があるのなら、バスをチャーターして被災地現場見学会でもやってくれた方が国民はまだ納得するだろう。議員さんには自分の目と耳と鼻と手で、しっかりと現状を知ってほしい。

一日国会運営に要する費用は3億円とか?聞いた事があるが、1台が約5万円の放射線量計を約6000台購入できる費用なのだ。
日常は、危険が日増しに増えているにもかかわらず、どうしても放射線に対しての危機意識は薄らいでいく。
福島の梅はセシウム濃度が高くて出荷自粛となった。
反応は、「自分の家で食べるのには無関係だぁ」という程度。
それって、ちがうだろう~
「ガンになるのも何十年先だろうし、もう、その時は死んでしまっているから関係ない」
それって、ちがうだろう~
みんなが疲れてきてしまい、正しい情報も知識も受け入れられなくなっていく。

今、政治は何を優先してやらなければならないのか?
こんな政治が今後も繰り返えされるようであれば日本の未来イメージなんて湧いてこないだろう。

失望した。





スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: