表面化してきた健康被害

20111005.jpg

2011/10/04 【信濃毎日新聞】
10人の甲状腺機能に変化 福島の子130人健康調査

 認定NPO法人日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)と信大病院(ともに松本市)が、福島県内の子ども130人を対象に今夏行った健康調査で、10人(7・7%)の甲状腺機能に変化がみられ、経過観察が必要と診断されたことが3日、分かった。福島第1原発事故との関連性は明確ではない。旧ソ連チェルノブイリ原発事故(1986年)の被災地では事故から数年後に小児甲状腺がんが急増しており、JCFは今後も継続的に検査が受けられるよう支援していく方針だ。

 調査は原発事故から逃れて茅野市に短期滞在していた子どものうち希望者を対象に7月28日、8月4、18、25日に実施。130人は73家族で生後6カ月~16歳(平均年齢7・2歳)。医師の問診と血液検査、尿検査を受けた。

 甲状腺は成長に関するホルモンをつくる。今回の調査で1人が甲状腺ホルモンが基準値を下回り、7人が甲状腺刺激ホルモンが基準値を上回った。甲状腺機能低下症と診断された例はなかった。信大病院の中山佳子小児科外来医長は「現時点では病気とは言えないが、経過観察の必要があるので、再検査を受けるように伝えた」としている。

 ほかに、2人の男児(3歳と8歳)が、甲状腺がんを発症した人の腫瘍マーカーにも使われる「サイログロブリン」の血中濃度が基準値をやや上回った。サイログロブリンは甲状腺ホルモンの合成に必要なタンパク質。甲状腺の腫瘍が産生したり、甲状腺の炎症で甲状腺組織が破壊されたりすることで血中濃度が高くなるが、健康な人の血液中にも微量存在する。

 原発事故で放出された放射性物質のうち、放射性ヨウ素は、甲状腺が甲状腺ホルモンを合成する際にヨウ素を使うため、人体に取り込まれると甲状腺に蓄積、甲状腺がんや機能低下症を引き起こす。

 JCFの鎌田実理事長(諏訪中央病院名誉院長)は「いろいろ意見はあるが、被ばくの可能性は捨てきれないと思う。継続してフォローしていくのはもちろん、福島の新たな希望者がいれば、健康調査の枠を広げるつもりだ」と話している。


http://youtu.be/utYWxDdk2Fo

憂鬱な気持ちに陥ってしまった。
危惧していたことだったが現実のことであり、現在進行している問題なのだ。
見えない放射線。姿は線量計の数値でしか確認できない。
人間が持つセンサーは目・耳・手・口・鼻にあり、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感で生命維持されてきた。
放射線の有無を知るには線量計は今後も生きて行かなければならない者にとって必需品となってきている。


個々の生活環境や行動には大きな違いがあり、おおざっぱな地域割りだけ試算しようとした県民健康調査では実態を正しく判断するのは不可能である。
経費と人力を費やし進めるこの調査によって多大な時間を浪費することが、もっと残念だ。
それよりも一日も早く乳児や子供、若い世代を優先して県民全員に高精度の線量計を配布し、個々の被曝を明確にすべきなのである。
あんな10頁の調査表は書いてても正しく書けないし、それを分析する係員だって訳わからないだろう。一人分の整理に一日かかってしまうかもしれないのだ。
そんなことを考えると、自分の場合、県民健康調査表は書かないことにした。
あっ!忘れていた。
白紙で返信するよりも、メッセージを書いて送ろう。
ダマシタ教授、早期辞任せよ!」と。
スポンサーサイト

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: