外壁洗浄後の始末はもっと大変

DSCF8346.jpg
我家の除染はまだまだ残っている。
直ちに対処しなければならない除染なのだから、自分でやるしかないんだ。
「お国の救いを待っていたら手遅れだよ」
そう言い聞かせて毎朝家の周辺の除染をやっている。
DSCF8345.jpg
外壁を高圧洗浄して除染は終わっていたが、大量の汚染水は直下の土壌や植物に移動したまま。
手前は以前芝生を張っていたけど、剥ぎ取ってしまった。
効果はてき面。施工前の表面線量が1.8μsv/hあったものが、0.4~0.5μsv/hまで低下。
剥ぎ取った汚染植物(竜のひげ等)は一輪車に積んで約100m離れた畑に掘った穴に埋める繰り返し。
汚染物を一輪車に積むと集積することが原因で、線量は2~3μsv/hになる。

これから高圧洗浄で除染する方は、その排水先を十分検討してからやらないと後始末が大変になるので、大切な植物などに汚染水がかからないように、ブルーシートで覆うなどの対策をやってから施工されると良いと思う。

20111005_2.jpg
もうあの日から7ケ月になるのに、1号機のカバーもまだ完成しない。
2号機3号機4号機・・・・・・・・
ため息が出てくる。


スポンサーサイト

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: