世界は暗黒の時代に入ったのか?

原発騒ぎで翻弄される毎日。
今年はほとんど山歩きもしないでいるので、3時に起きることはないけれど、疲れていても何時に寝ても飲んでいても(毎晩飲んでいるけど)5時には目が覚めてしまう毎日。
最近はまだ暗く感じるほど日の出が遅くなってきた。
パジャマの上に一枚はおり、先ずは仏壇に香をあげてから玄関を開け新聞をとりにいく。
相変わらず2紙を購読しているが、折込チラシは2紙に全く同じものがはさまれてくるので、面倒だけど取り除いてから大きな活字を先に呼んでいく。
そうこうしているうちに6時になり、線量計の前日6時からの累積線量を確認しリセット。
記録してから外へ出て定点線量計測。
雨が降らないと、パジャマ姿のままと庭先やら畑をウロウロする日課。

今朝は、日頃と違って5時からBS1TVを見ていたら、世界のニュース番組ばかりで、ミスター・アップル:スティーブ・ジョブズの訃報を告げていた。

マウスの産みの親で、我家にもジョブズの遺産であるマックが1台健在に生きている。

それから、気になったことは、ギリシャの経済危機の影響で全世界の経済が過去に例がない舵取りをせまられている状況の事だった。

日本は、東日本大震災からの復興そして福島原発事故の収束、再建の目処をたてることもおぼつかない状況なのだが、今、世界経済はギリシャ次第なのだという危機感を感じた。

政治家がよく言う「国が潰れる」「国が破綻する」という事の意味が自分ではよく理解できないでいる。

それは、未だに「潰れた国」「破綻した国」を戦争以外に見たことがないからである。

日々の生活にどういう影響が生じるかすらイメージできない。

停電だけでもパニックに陥ってしまう日本なのだから、全てが機能しなくなる世界など想像もしたくないが、今、ギリシャ経済が破綻、デフォルトの危機をむかえているというのだ。

EUやアメリカ、日本も含め各国が支援しようとしているが、どこの国も国民から借金して「見込み成長」のみを担保とした借金経営に陥ってきている。

個人レベルで経済を考えようとした時に、どうしたら良いのか?

せいぜい、負の財産は解消し、今後は作らないようにすること位しか考えられない。

津波に襲われた地域の復興は過去に例がない規模と不条理な復興プランを強いられていくようになるのだろう。
そして原発放射能被害は、除染ひとつとっても政府試算を大きく外れた何十兆円規模の金がかかるものとなっていくだろう。
福島原発事故だけでも福島県民に満足な対策と将来の約束すら出来ない状況であり、国家予算以上に金がかかる「日本の経済危機」の火種になっているのに、なぜ、原発を止められないのだ?
きっぱりと原発を止めると言えない日本は、すでに能ミソが破綻している。

何が大切なのか?

まずは時限爆弾「原子力」を全停止し、地に足を着けて、力をつけて世界の先進国「日本」となってギリシャを救う国になってほしい。

玄海原発も事故った。
幸いに大事故にはならなかったが、次は何処が事故を起こすのだ?

ハラハラ
ドキドキ
ソワソワ


「国が潰れる」ことがないようにしてほしい。





スポンサーサイト

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: