政府事故調査中間報告が出たが、・・・

「原子力は安全」という洗脳された信仰集団。
東電と保安員との関係も同じ宗派のお友達。
福島県も3月13日に政府からスピーディのデータ30枚以上FAXが入っていたのに知らんぷり。
馬場波江町長が県職員に対し「人殺しだ!」と怒ったら、担当者は顔面蒼白で泣きっ面だった。
県の視線は絶えず国に向きっぱなしである。

DSC_0275.jpg
事故時の対応・収束作業・報告 全てが信仰集団によって進められた結果、新しい地図が作成された。

「原発の恩恵なんて一切受けていなかった我家の土地まで、適当な基準で勝手に色染んなよ!」

災いを克服していくパワーは誰にも持っている。
でも、その一歩を踏み出せない理由は、底辺に行政に対する不信があるからだ。

御用学者をいまだに駐留させたまま、年間20ミリシーベルトをモノサシにする対応に怒り悩み続けるのだ。








スポンサーサイト

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: