1月の被曝積算線量は0.1877ミリシーベルト

20120201.jpg
原発事故後、6月からいつも胸に線量計をつけて、24時間の積算線量を計測してきた。
どうやら来る3月11日には年間被曝線量は4.273ミリシーベルトになりそうである。

1月1日から昨日までの2012年1月の積算線量もセルに加え表示。
結果は0.1877ミリシーベルトだった。
上に1日あたりの被曝量をグラフ化しているが、除染と特に積雪の効果なのだろうと思うが1月に入ってから、自宅での線量が低下したことで、昨年と比べて低い被曝量となったことが分かる。
この状況で推移すれば、半減期を無視して計算すると2012年の被曝線量は2.25ミリシーベルトの見込みとなる。
とても1ミリシーベルトの環境はほど遠い感じだ。

河内村は4月に小学校も再オープンできるように帰還に向けて避難住民に対し発信を始めたが、当然、安全性の不安を確認を訴えている。

河内村は毎時1マイクロシーベルト以下の範囲が70%というが、自分がこの環境下で過ごした経過と比べると、屋内など、被曝線量が低い場所に極力とどまった生活をしない限り、いくら除染しても年間1ミリ以下の環境をつくることは困難と察する。

安全を得る為には、日々の日常生活パターンを極端に改めないとならないだろうと思うのだ・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 放射能汚染
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: