防災シェルター ノア これがあったら救われていた

2020222.jpg
3shoumei.jpg



詳しくはこちら
ぼんやりTVのリモコンをいじっていたら面白いTV番組がやっていて、くぎ付けになった。

地震と津波から生命を守る家庭用シェルター「ノア」の紹介だった。
1. 2mの球体で、FRP製。4人が入れるタイプで約30万。
床があり、その下は収納できるようになっていて、防災グッズや非常食や飲み水をストックできる。
空気穴があり、栓で内側からしめることができる。
また、小さな小窓(円)もあり、内側から開閉できるので、汚物などを外に捨てることができる。
バッテリーなども備え付けておけば、漂流していたとしても長時間耐えられるだろう。

これが一家に1つあれば、あの津波で多くの人は助かっただろう。
素晴らしい商品だ。
高額な耐震補強などをやるよりも、ノアの方が確実に生命を守ることができそうだ。
大ヒット商品のようで、注文しても納期は1年待ちだそうだ。

ただ、弱点は、火には弱い。それから、直径1.2mあるので、一般のドア幅80cm弱の住まいでは搬入が困難。マンションやアパートではベランダから吊り上げるしかないのだろう・・・

放射線に対しても無力だ。オプションで良いから内側から鉛入りシートを貼り付けた商品があれば良いのだが・・・
スポンサーサイト

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます、ももで~す。
いざ津波がきた!というときには、これに潜り込む勇気はありません。

被害10億円!(震災商法の闇)「津波シェルター(ノア)」の水漏れトラブル

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34889
FC2カウンター
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: