ガイガーカウンター Pripyat(プリピャチ)  今度は大丈夫か?

2月29日にウクライナから届いたPripyat(プリピャチ)は上司に依頼を受けた物も合わせ2機種とも不良品だった。
ネットで見つけ、WONDERLAND :〔 放射線測定器 ガイガーカウンター販売店 〕 神奈川県相模原市中央区淵野辺4-5-4に注文したのだったが、とても対応が良く、直ぐに返品に応じてくれた。
待つこと1ケ月。相馬市で700台も買占めたから商品が無くなってしまったのかとも思っていたが、ようやく新しい線量計が国際便で届いた。
DSC_0742.jpg
1992年モデルのようだ。
持った瞬間、前のとは何かが違っているように感じた。
デザインは同じなのだが、しっかりした感じがした。
早速、2台並べて故障が無いか、比べっこ。
DSC_0740.jpg
空間線量の比較では200秒での平均値を表示。
DSC_0741.jpg
β線測定モードでも立ち上げ。
おおよそ同じ数値をカウントし続けた。表示の桁数も異常ない。
良さそうな感じだ。
DSC_0637.jpg
これは返品した故障品だったが、こうして見ると表示プレートの文字入れ箇所や材質も異なっていた。
どうやら91年モデルだったようだ。(もしかしたらコピー品?)

使い方をよく記録された方のブログを見つけた。
ガイガーカウンター Pripyat(プリピャチ) 使い方メモ
取扱説明書よりもわかりやすく、参考になった。
これで確信を得て、安心して1台を上司の家に届けた。
上司は家にはおられず、奥様に聞くと桧林の枝下ろしの作業に行ったとの事。
場所を聞いて現場を訪ねた。
桧林の線量は1.4~1.5μsv/hあった。
スポンサーサイト

テーマ : 放射能汚染
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: