これでいいのか 原発再稼動

選挙時に「原発を作って町の雇用と産業の発展を約束します」と言って支持を受け当選した多くの政治家。
でも福島原発事故で世の中は変わった。人心も変わった今、政治家は世論を反映したアンケート結果を選挙票なのだと真摯に受けとめなければならないと思うのだ。
ドイツは福島原発事故後、原発推進派であった首相が一気に脱原発に舵をきった。ドイツだって原発にむらがるどす黒い取り巻きは日本と比較しても大差ないであろう。でも、舵をきった。・・・きれた。
日本の政治家は、汚染下にいるにもかかわらず、今だに選挙時の感覚でいる。
原発事故は未だに収束していない。
町を滅ぼし、流浪の民を作り、日々不安な生活を押し付け、未来を奪ったというのに、どうして原発を再稼動させようとするのか(怒)
「再稼動の条件に、電力需要も加わる。電気が足りるなら再稼動の必要はない」と枝野が言う。
それは、電力不足があれば再駆動させると言っているのと同じ。

政治を変えるには、もう一つの原発事故を起すしかないのか?

地震の魔人は次はいったい何処を選ぶのだろう?
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ、ももで~す。
今回の事態を鑑みると原発は廃止する方向に進むべきと思います。
でも、国民はそう感じていないのではないでしょうか?
今の贅沢な生活を守るので精一杯?
福島県民はもっと声を大にして訴えなければいけません。


FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: