ゼオライトでは効果ないような・・・ こつこつと除染するのが正解か

農地をゼオライトで除染しちゃうぞ!と、県の(国の)の方針で、町が旗振り役になっての除染が行われようとしている。
過日行われた地区毎のチチンプイプイ説明会。
いろいろな質問が出て紛糾。町担当者からの説明は曖昧で、単に計画を推し進めたいだけという印象が強かった。
そして気がついたことは、ゼオライトをまだ見た人が圧倒的に少ないという事だった。
説明会に、魔法の石ゼオライトを町職員が1袋でも持参してくればよかっただろうに・・・。
なんといっても、知らないのだから。

昨年、1人1万円の見舞金が届いた。その1万円でゼオライト20kg入り/1袋がちょうど10袋買えた。
10月11日ゼオライトを畑に散布す耕運。除染効果を期待してみた。
2011/10/11 ゼオライトでの畑の除染例
農地の除染で使用されるゼオライトの量は1000㎡あたり200kg。
私は20㎡の畑に60kg散布していた。1000㎡あたり3000kgとなるから、15倍の量だった。
DSC_0751.jpg
昨日の地表面の線量をプリピャチで計測(300秒平均値)すると0.48μsv/h。
白っぽいツブツブがゼオライトである。
すぐ傍の放置したままのイチゴ畑は
DSC_0754.jpg
0.67μsv/h
大差ないという感じだ。(町が見れば、大いに効果が(実績が)確認されたとでも言うのだろう)
量をいっぱい入れてもこんな程度なのだった。
町の計画の使用量はこの数の15分の1になるから、15粒に1粒に色を染めてみると、
DSC_0751q.jpg
こんな量なのだろう・・・
なんだか、ずいぶん寂しい量だなぁ・・・
大丈夫 (@_@)
除染する方針でゼオライトはいただこうと思うが、土壌調湿剤としての効果の方が期待できるし、臭いも吸着してくれるから、かび臭い床下にでも散布したほうが、身体には良さそうだ。

DSC_0768.jpg
これは、表土を約10cm剥ぎ取った畑で、白菜を作った跡。
周辺は1μsv/h以上あったが、ここだけは0.31μsv/h。
当時の数値とあまり変化していなかった。

これをみると、ゼオライトの放射線量低減効果は、不確かな感じがしてくる。
そして、植物が吸収するセシウムをゼオライトが吸収していれるとは言うが、既に、剥がれ難く土壌成分に吸着されてしまっているのだろうから、大きな効果はないと思えてならない。



あやしいものは、取り除くことが確実である。

DSC_0773.jpg
裏庭の竜のヒゲ
1.49μsv/hもあった。
DSC_0787.jpg
根こそぎ除去
0.44μsv/h  約70%除染できた。
DSC_0795.jpg
問題はこの汚染ゴミである。
厚いビニル袋にまとめると、2μsv/h以上の数値となる。
そして、重たくて運べない。
このような体験を田・枝・細・藤村の4閣僚もやれば良い。
 




スポンサーサイト

テーマ : 放射能汚染
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ、ももで~す。
ゼオライトにセシウムがくっつくだけで無くなるわけじゃないのでは?
除染じゃなく除去しないとね。
FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: