コツコツ除染 表土を剥ぐ

DSC_0800.jpg
過去最大のGW連休9日目、早朝から畑の除染を決行。
雨と気温上昇で雑草が勢いを増して、ゼオライトを混ぜ込む除染など出来る状況ではなくなってしまった。
5.6馬力の小さな耕運機だけが我家の戦力。多くの畑はローターを最大の深さにして耕耘してしまったので、ゼオライトの魔力を信じるしたないのだが、少し離れた畑は1年前の状態で放置していたので、表土さえ除去できれば確実な除染になるが、とにかく大変な作業になるので迷っていた。
でも、ゼオライトの効果は既に何度か施工しており、期待できないので、表土を剥ぐ方法でやることに決めた。
先ず、ローターの深さを最小8cmに設定して、は雑草ごと耕運。
スコップの刃先をグラインダーで包丁の刃のように切れる状態に加工。
耕運後、雑草が混じり3割増しの体積となった表土を丹念に一輪車に積んで、廃棄場所とした同じ畑の低い所に処分。
DSC_0806.jpg
耕運後の表面線量は0.88μsv/h
DSC_0805.jpg
表土(約10cm)を剥ぎ取った表面は0.34μsv/h
確実に線量は低下した。表土をもっと剥ぎ取れば線量は低下したが、砂質の畑の為か、更に5cm取っても0.1μsv/h以下にはならなかった。セシウムはこの1年で相当深く浸透してしまったと思われる。
DSC_0809.jpg
昨年表土を剥ぎ取った畑の表面線量は0.35μsv/h
あの時は表土5cm程度しか取っていなかったが、ほとんど線量の違いはない。
DSC_0811.jpg
除染後の高さ1mでの空間線量は0.38μsv/h 
低くなった(^o^)/
DSC_0812.jpg
一方、廃棄処分場の空間線量は1.10μsv/h
全部の畑の表土移動には相当時間かかりそうだが、千里の道も一歩から
除染後の畑で、今年は、なんとかキューリの路地栽培をやりたいのだが、、、


除染後の土壌汚染計測
スポンサーサイト

テーマ : 壊れそうな心
ジャンル : 心と身体

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【コツコツ除染 表土を剥ぐ】

過去最大のGW連休9日目、早朝から畑の除染を決行。雨と気温上昇で雑草が勢いを増して、ゼオライトを混ぜ込む除染など出来る状況ではなくなってしまった。5.6馬力の小さな耕運機だけが我家の戦力。多くの畑はローターを最大の深さにして耕耘してしまったので、ゼオライ?...

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: