表土除染後の土壌汚染 90%低下 本当かな? プリピャチ

畑の表土を約10cm剥ぎ取る除染作業を続えているが、表面線量は0.88から0.35μsv/hn低下した。
低減率は60%なのだが、土壌自体の低減効果はどうなのか?

ベクレル値の簡易測定ができるPripyat(プリピャチ)で、その土壌の測定を行ってみた。
DSC_0832.jpg

先ずは、計測容器を空っぽの状態でバックグランドの数値を測定。10分間計測した数値を控える。
DSC_0834.jpg
測定結果531

DSC_0833.jpg
試料A(表土:表面線量0.88μsv/h)測定結果765
765-531=234
234×37=8658ベクレル

DSC_0831.jpg
試料B(表土10cm剥ぎ取った後の畑の土壌:表面線量0.35μsv/h)測定結果553
553-531=22
22×37=814ベクレル
除染効果は・・・8658-814=7844ベクレル

90.6%除去できた。・・・という意味か?

測定誤差が最大20%あるので、鵜呑みにはできないけど、単純比較しても期待以上の結果が出た。
近々、町で土壌の測定を行うので対比したい。


ついでに、頂いた昨年のお米も測定
DSC_0824.jpg
DSC_0825.jpg
546‐531=15
15×37=555ベクレル ゲッ!食えないじゃないか!
誤差20%の範囲なのだろうか??? 町に検査依頼しよう。


DSC_0817.jpg
昨日も出勤前の1時間、同じ地道な作業を行ったが人力での作業だけに汗だくになってしまい、入浴してからの出勤。日中は疲れも出てしまい、少々反省。
DSC_0819.jpg
でも、大きな除染効果があるのだから、飽きずに丹念に除染作業を続けよう。
スポンサーサイト

テーマ : 放射線モニタリング
ジャンル : 地域情報

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【表土除染後の土壌汚染 90%低下 本当かな? プリピャチ】

畑の表土を約10cm剥ぎ取る除染作業を続えているが、表面線量は0.88から0.35μsv/hn低下した。低減率は60%なのだが、土壌自体の低減効果はどうなのか?ベクレル値の簡易測定ができるPripyat(プリピャチ)で、その土壌の測定を行ってみた。先ずは、計測容器を空っぽ?...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ、ももで~す。
除染作業おつかれさまです。
地面の表面に吸着しているセシウム。
その濃度の高い土を除去して、下の汚染されていない土を表面に出して。
それぞれを計っても別物なので正確には「除染」とは言えないと思います。
放射性物質を土から除去したのではなく、放射性物質を含んだ土を除去したわけですから~汚染土排除とでもいう?
単に線量の数字が低くなるのはあたりまえでしょう。
1mも掘ればゼロにもなる?
より多くの土砂を撤去すれば放射性物質はより少なくなるでしょうけど、
農地の場合表土は作物を育てる元になるものですから、あんまり下の土を出すと作物の出来が悪くなってしまいますので困りますね。
FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: