芝生の除染効果(剥ぎ取り)

意を決して断行した芝生の剥ぎ取り除染も、毎日こつこつと進め、約8割程終わった。
残念なのは、剥ぎ取った芝生の保管場所が無くて、庭の片隅に重ねているままなので、局地的に高線量(ホットスポット)ができてしまった。
町が計画している住宅の除染の際に汚染物として撤去してもらう考えでいたが、町の事業は一時保管場所が決まらない為に、いつになるのか全く目処が立たない状況である。
最悪、事業中止となるのではないかとも思い始めている。
でも、居住エリアからできるだけ遠ざけるにこしたことはないので、芝生の剥ぎ取りを進めてきた。

DSCF1959.jpg
Before 地表面での線量は1.04μsv/h(センサーを横にして水平方向に計測)
DSCF1957.jpg
Before 地上1mでの空間線量は0.56μsv/h(写真では不鮮明)
DSCF1964.jpg
After 地表面での線量は0.34μsv/h
DSCF1963.jpg
After地上1mでの空間線量は0.34μsv/h(写真では不鮮明)
DSC_1264.jpg
After 室内1階の空間線量は、0.19μsv/h
ずっと、0.22μsv/hのままだったが、ようやく0.2の壁を切ることができた。
わずかな差に感じるけど、、、その差0.03μsv/hは年間にすると
0.03×24×365=262.8μsvとなる。
従来、一日当たり平均4~5μsvの被曝を受けていたので、52日~66日分の減少となる大きな成果を得ることができた。
DSCF1934.jpg
裸になってしまった庭に花壇を作ったり、飛び石を置いたりしてみたが、庭に奥行を感じることもできたりで、単に毎日芝生の雑草駆除に明け暮れていた時としも楽しいかもしれない…なぁ~。




スポンサーサイト

テーマ : ほっとけない原発震災
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: