我家の除染モニタリングが実施された

DSC_1794.jpg
まさに半信半疑の思いでモニタリングを受けた。
モニタリングの調査員は5名で水戸ナンバーの車だった。東海村から来たのだろうか?
3頭のワンコの大合唱で出迎えを受けた。

調査は、いつ撮影したか分らない航空写真に公図を重ねた写真で予め調査範囲を検討し現地に入るのだった。
予め調査日時の打診があったが、立会いたかったので日時を調整してもらったところ、なんと我家が地区内では最終ポイントだったようだ。こんな重要な調査に立ち会わない(立ち会えない)主(あるじ)が多かったようである。
この1年7ケ月の間に、コツコツと除染を進めてきて、手を加えていないのが屋根だけだったので、屋根(瓦)と雨樋の線量が心配だった。
高所作業車のブームは最長9mまでだったので、届くかどうかハラハラして見守っていたが、最大長さまで出したら車輪が浮きぎみになり残る三人が車に体重をかけ押さえてのモニタリング。
結果は瓦表面が0.3~0.4μsv/hで、樋の内側も同じ程度で、数値の低さに驚いた。
建物の外壁や建物周辺の宅地も高さ1mで0.2~0.3μsv/h程度。
除染堆積物を置いた車庫脇の宅地は1μsv/h超えで、ホットスポットが8.7μsv/hあった。(雨樋部分)
室内は床から50cmの高さで計測し、1階部分が0.14μsv/h。2階は0.22μsv/hだった。
やはり、というか、、、除染効果はあったことが分ったが、屋根・外壁は洗浄し、周辺の宅地も1cm程度でも良いから再度表土を取り除いたほうが良さそうと言われた。
今後の予定では、モニタリング結果報告書をとりまとめ、除染計画が作成され、説明と作業同意の後に工事に進められるという。ただ、時期は未定。まだまだ時間がかかりそうである。

除染ゴミの撤去を再確認したところ、放射能汚染が確認できれば処分するとの事。

それって何? 生ゴミや不要な生活ゴミも処分してほしいなんて思ってもいないのに、、、
少なくとも、あの時に外部にあった全ても物は汚染されてしまっているのだから、変な事言うよなぁ、、、
そういわれてしまうと、生ゴミも混ぜてやりたくなってくる。




スポンサーサイト

テーマ : ほっとけない原発震災
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ、ももで~す。
当方の町でも個人宅の除染に先立ち線量調査中です。
基本的には敷地内の数箇所を測っているようです。
ほとんど0.2~0.4マイクロシーベルト毎時程度。
除染してどのくらい下がるかは疑問です。
逆を言えば、ほんの少ししか下がらない作業に多額の税金がかかるわけで・・・
安心料のための費用対効果のほどは疑問です。
あくまで当方の話です。

今晩はモニタリング始まりましたか。かなり本格的な様ですね
私達の処も始まりました。聞くところによると訳の判らない人がモニタリングしていてトラブルになつているとのこと。
私の家は11日でしたが私の都合で13日しました。どうなる事か

サイトーさん コメントありがとうございます

モニタリング実施後3-4日でしたが、役場から突然調査員が同行して主だったところの線量を計測しに来ました。
「大体同じ数値です」というのが、その場の答えだったそうです。私は仕事で不在でした。
ダブルチェックといえば聞こえは良さそうですが、モニタリングの信憑性は確かなものではなかったのでしょうか???

モニタリング時の事です。
我家の場合、自助努力で芝の撤去や建物周辺の表土を取ってしまって、線量は外部でも0.3μsv/h以下まで低下できたのですが、「1cmでもいいから、更に表土をとれば更に線量が低下できますので、除染します」と佐藤工業の担当者が言っていました。既に5cm表土を取ってしまっていたのを、+1cmの6cmとって、さて、、、線量低下はどの程度低下できるのかは疑問です。

今、除染ビジネスという新語が生まれています。住宅の除染工事は、半ば、出来高請求のような部分もあるのだと思います。線量が高ければ、町が目標とする数値まで低下させる為に、何度でも除染すると説明会では聞いています。

やられ過ぎても困るし、適当にやられるのはもっと困ります。なんせ、見えない世界の工事になる訳ですからね。

憂鬱になってきます。





> 今晩はモニタリング始まりましたか。かなり本格的な様ですね
> 私達の処も始まりました。聞くところによると訳の判らない人がモニタリングしていてトラブルになつているとのこと。
> 私の家は11日でしたが私の都合で13日しました。どうなる事か
FC2カウンター
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: