全袋検査の実情  米

DSC_1802.jpg
初めてこんな風景を見た。
出荷前の米の放射能検査だ。
JA新ふくしまの川俣営農センターには検査装置が1台あるそうだ。
幸いにお天気が良く、駐車場には露天状態で大量の新米が検査順番を待っている。(置いている)
天候が急変しないように願うしかないなぁ・・・
雨天時には、どうやって検査をこなしていたのだろう???
稲刈り、出荷はこれからが本番である。
雨が降らないよう願うだけなのか。
スポンサーサイト

テーマ : ほっとけない原発震災
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: