除染時の周辺ゴミの処分について

住宅の除染には地面の表土剥ぎと同じように周辺の汚染物の撤去がかかせない。
建物周辺には不要になった種々雑多な堆積物があると思うが、我家もあるはあるは・・・(驚)
DSCF4541.jpg
何かに使えるだろうと、何度かの増改築時に出た木材の山。
一部は腐っていたりシロアリに食われていたり・・・
野積みしたままだったので、これも汚染物となった。
線量計を近ずけると0.8μsv/h程度まで上がる。
かたずけないと、この部分の除染ができないので着手した。

除染作業では、これらは廃棄処分してくれないとの事。
生活ゴミとして収集日に出してくださいとの町の説明である。
8000ベクレルを超えるゴミは処分できない法律があるが、どうやって計測するのだろう?
DSCF4608.jpg
分らないまま、長さ80cmに切断し、可燃物と不燃物に分別。
電動丸ノコで切断したが、今日は右腕がパンパン状態。
大工の娘さんだった細君は嫌悪感も表情に出さずに黙々と作業を手伝ってくれた。
(働き者~)
どうにか、綺麗にかたずいた。
DSCF4576.jpg
除染前の中庭
DSCF4613.jpg
除染途中の中庭
白い小石の洗浄は大変なので、全部処分していただくように頼んだ。
軒樋も綺麗になっている。
でも、、、殺風景になってしまったなぁ(悲)

でも、これでリフレッシュだ!
もっといい庭を作ろう!

にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : ほっとけない原発震災
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

>でも、これでリフレッシュだ!
もっといい庭を作ろう!
良い言葉ですね。
日本人の心のある言葉ですね。
私も元気になれます。
FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: