除染3日目と4日目 やればできたじゃないの

DSCF4625-001.jpg
3日目となる昨日はあいにくの雨天。「高くて作業ができません」といっていた屋根の除染が始まった。
午前中高所社業車を下の宅地に鉄板を強いてブームを最大に伸ばしたら、ちゃんと軒樋に届く。
やる気がなかったんじゃないのか?
その後、玄関周辺の外壁を高圧洗浄し、雨足が強くなり、午後の作業は中止となる。
DSC_2321.jpg
4日目の今日は延べ10人程度の作業員が来て、屋根の高圧洗浄と宅地周辺の土手の除染を行った。
屋根の高圧洗浄は短時間で終わっていた。除染計画書には「ブラッシング洗浄」と書いてあったが、行われた作業は高圧洗浄のみ。高所作業車設置や命綱を張る準備作業にかかった労力・時間が8割だったような感じ。
線量計で確認しながらやっている様子がなかったようだ。
放射性物質は、彼らには見えるのかも知れない。
DSC_2329.jpg
サツキは朝6時頃から自分でトリーミングしておいた。
熊手などを使い、表面の堆積物を取り除く気が遠くなるような作業であり、屋根洗浄とは比べにならない時間がかかっていた。
DSC_2335.jpg
かき集めた汚染物の線量は0.8μsv/h。
それでも除染後の地表面も計測すると、0.4~0.6μsv/hと高い数値のままだった。
これ以上表土を取ると土手が崩れる恐れがあるので、終了の様子だ。

これまで除染が進んだが、未だに室内線量は0.16μsv/hのままで低下していない。

素人の自分が見聞きしただけの知識で行ってきた除染作業が限界値なのだろうか?
それとも、この除染作業のレベルが低いだけなのか?

大きな期待は徐々に落胆に変わっていく・・・

にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : ほっとけない原発震災
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

今晩は
今日やっと除染実施個別説明会の用紙がきました
いつ撮ったのか家の航空写真つきで
モニタリングの結果0.4~0.8私の思ったより高いのでちょとシヨック
今までのブログ拝見してるとあまり期待しないほうがいいかも
でもなんか納得いかないなーーー
では又

どうして線量低く成らないのでしょう。
虚しい。
でもやめたらダメでしょう。そう言ったら悪い?
何時か結果が出るのでしょうから。そう信じたいですね。
そう信じて今までやって来たのに。。。。
そうなのでしょうねぇー

こんばんわ、ももで~す。
周辺からも飛んでくるらしいので、ある程度以下にはならないのだと思います。
事業として除染作業してみての実感です。
FC2カウンター
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: