ニンニクのとう立ち

毎日、朝夕畑の様子を見回す。
帰宅後、いつも着替えする時間もなく畑のモニタリングをする日課だった。
KIMG3433.jpg
ニンイクの芽 とう立ち

そろそろの時期かと思っていたら案の定、「とう立ち」を確認。KIMG3434.jpg
とう立ちは速やかにカットする事がニンニク栽培のレシピに書いてある。
帰宅後に、早速カット
KIMG3436.jpg
「ニンニクの芽」の自家製
勿論、焼肉にはかかせない食材である。
手前の左は中国産、右が福岡産のニンイクの芽。中国産は芽がピンク色なのだ。
食べての印象の違いは微妙で、、、よくわからなかった。KIMG3431.jpg
震災後6年間、口に入れる野菜を断念していた畑はスギナ畑と化していたが、余ってしまった金山かぼちゃの苗を定植。
予想以上にフカフカした土で、スギナは楽々退治。
多分、雑草が朽ちて微生物で良い土に激変したのだろう!

面白いなぁ~  だから、楽しい!

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

バラの開花とクロアゲハの孵化

KIMG3399.jpg
初顔のハイブリッドディローズが開花した。
デカイ!直径10cmを越える大きさで存在感あるなぁ~
KIMG3400.jpg
一枝に一輪の花を咲かせる四季咲きのバラで、テイ香があるらしいのだけど、あまり感じなかった。
アーチにしようと思って定植してみたけど、イメージ通りに育ってくれるかな?
DSCN0530.jpg
アーチの反対側には白のモッコウバラ。同時に咲き始めた。直径は2cm程度で、トゲがないバラ。四季咲きではなくこの時期だけ沢山の花を咲かせる。枝が細いので誘引しやすそうだ。
DSCN0531.jpg
気が付くと、ベンチの座面裏でクロアゲハが孵化して飛び出すウォーミングアップ中だった。
DSCN0532.jpg
案外、毛深いだね(笑)
大きくて綺麗な目をしている。
蜘蛛の巣にかからないように宙を舞ってくれよ!



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ツバメのお宿?

KIMG3358.jpg
帰宅後、庭の手入れが終り、暗くなって家に入ろうとした時、ふと見上げるとテラスの屋根裏にツバメが2羽。
1週間前から鳥のウンが落ちていたのが気がかりだったが、そこ頃から夜はここで羽根を休めていたのだろう。
ただ、ここで巣作りされると迷惑かな?

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

モッコウバラを定植

KIMG3341.jpg
手作りのバラアーチの一方に定植したバラがグンニャリと弱ってしまった。ひりょうが多すぎたのかも知れない。
鉢に戻し、細君が「植え替えるなら、白いバラが良い」というので、苗木を探していたら、白の八重咲きのモッコウバラを見つけた。
モッコウバラは刺が無いので、ワンコ達の心配も無くて済むので、これに決めて購入。
株立の数本の幹はとても細くて弦のようだ。
誘引作業も楽しいものだ。光と風をいっぱい受けて成長してくれるように絡めてみた。
蕾がいっぱいついている。咲くのが楽しみである!

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

スギナと闘う話から・・・

KIMG3263.jpg
KIMG3263.jpg
GWからのここ数日間、これと戦ってきた。まだまだ制圧しきれていないけど、大変な量を射止めた!
・・・スギナである。
抜き取ったスギナは露天に放置していると、たちまち乾燥して死滅するかにみえたが、ドッコイ!少しでも土で覆われると新芽を出してくるバイタリティのある植物なのだった。
「スギナのような強靭な精神力を持ちたい!」と誉めてやりたいほど、ガッツがある植物なのだ。
人間なんかよりも数段上手かも知れない。

その成果はあった!。右肘と右膝が疲労しきってしまい、正座も困難。

そんな悪戦苦闘の話を訪問先で言っていたら、面白いお話をいただいた。

玉ねぎの事だったが、大きな玉ねぎは腐りやすい。だから、収穫したら大きな玉ねぎから先に消費していく。
でも、秘策があるのだった。
KIMG3303.jpg
サンライムというカキ貝石灰で、JA資材センターで販売しているというのだ。
玉ねぎが腐りにくい効果があって、これからでも間に合うというのだ。KIMG3302.jpg
帰り足、資材センターの寄って聞いてみると3袋だけ在庫があり、1袋1177円(20kg)を購入。
詳しく含有成分が記されていたけど、玉ねぎが腐らないという記述はなかった。KIMG3305.jpg
その勢いで、帰宅早々、玉ねぎ畑に行ってサンライムを散布し、水不足だったので、ジョーロで6往復して60ℓを給水。
右膝が痛くなる・・・
KIMG3261.jpg
次に、昨日完成した薔薇のアーチの片方に植え込みを作り、黄色の四季咲きの薔薇の苗木を定植する。
薔薇は比較的挿し木が容易で、増やすことは簡単だったが、黄色なのか赤なのか?苗木を阿弥陀くじ的に選択して定植してみた。
野菜や果物mそうなのだけど、花も、こんなプロセスがあるから楽しいのだろう・・・

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

薔薇のアーチ作りと金山カボチャ定植

KIMG3259.jpg
振休いただき、一日中野良仕事。
朝5時からFMを聞きながら庭の芝かり2時間。電動バリカンの刃を交換したので快適に30坪の芝かり完了。
次に、じゃいも畑のスギナの根っこ抜き2時間。
これか始まると病みつきになり止められない。
かねてから、薔薇のアーチをもう一つ作る計画をしていたので、フレーム組立の部品調達にホームセンターへ。
メインフレームはきゅうり用の錆びついたアーチを再利用し、歪み調整に苦労したけど、黒のペンキを塗って完成。
KIMG3259q.jpg
3年後にはこんな感じになるだろう・・・(笑)
KIMG3260.jpg
夕方5時過ぎから、金山カボチャを定植。
隣の残っていた畝にもスギナがびっしり生えてしまっていたので、シャベルで土をおこしてスギナ抜き。
やっていると、隣の玉ねぎの様子が異常に感じた。
根本に球が出来始めていたのだけど、実が地表面の上に出てしまって、強風のせいか傾いてしまっていた。
覆土するしかないと思って残業。

頭は空っぽで、目の前の事にだけ夢中になれる時間。
足腰はガタガタになるほど疲れたけど、スローなこの生活が気に入っている。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

強風が吹き荒れる ナスの風除け

KIMG3253.jpg
定植したばかりのナス苗。
朝起きると、ドアの外の靴が無くなっていた。プランターもひっくり返ってしまったままで、昨夜から続く強風が原因だった。
一晩中風にさらされた定植したばかりのナス苗の葉はデレンとなってしまい、瀕死の状態。
特に風当たりが強い我が家なので、どこかで見かけていたのだったが、思い出して余り物の堆肥の空き袋を半分に切って、四隅を支柱で張って応急的に風除けをする。
カッコ悪いけど、根がはるまでの間はこの状態が良さそうである。
一手間かけるだけで変わるんだよなぁ・・・
野良作業は楽しい!

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

GWは畑仕事の毎日 トウモロコシの定植

KIMG3246.jpg
トウモロコシは受粉しやすいように畝を2列以上作って定植するのが良いらしい。
今年はジャンボコーンの種を購入、発芽した。
KIMG3247.jpg
畝間隔は80cmとし30cm毎に苗を定植。
KIMG3248.jpg
ポットに2粒の種は十分に成長し、根っ子が輪になり渦巻いていた。
KIMG3249.jpg
38本の定植完了。
夏が楽しみである。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

花塚山 山開き 4ケ月ぶりの登山


デジブックを見る

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

悲惨なパッションフルーツ 蘇生できるか?

KIMG3245.jpg
毎年、室内で越冬し、GW頃に屋外のグリーンカーテンとして栽培してきたパッションフルーツ。
栄養過多にしてしまい、鉢から出してみたら長い弦に葉が数枚程度。
いつものようにネット際の花壇に地植えしてみたが、甦るか?・・・今年は厳しいかなぁ?

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

GW初日 畑と山

_20170503_211452.jpg
キュウリ定植は毎年GW中のメイン行事。
ただ、アーチを組んでネットを張る手法だったので、施肥して畝立する前にアーtを組立しておかないと作業がしにくくなる。
過日の強風で崩壊してしまったトマト用のアーチがフレームまでグニャグニャに曲がってしまって再利用はは不可。
ホームセンターに行ってアーチフレーム購入からのスタート。
幸いに、山で知り合った友人が遊びにきてくれていたので手伝ってもらい、奥行き7mのアーチが完成。
友人のおかげで予定以上に作業が進み、元肥とマルチも完成。
日当たりの良い南側の畝には1列で8本のキュウリを植えよう。
北側の畝にはスイカを植えて、ネットで宙吊り栽培をやろう。
KIMG3227.jpg

明日は、地元の花塚山の山開きだ。富士遠望最北限の山と認定された報告会に行った。
最初かた参加した自分ちとしては淋しい気持ちもあったのは事実だったど、仲間が偉業を達成していれた。
輝かしいセレモニーだった。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

連作障害を回避し、トマト定植完了!

DSCN0261.jpg
野菜作りはやればやるほど奥が深い。
毎年、同じ場所に同じ野菜を作ると、連作障害が発生し上手にできないという現象。
我が家は面積があるので、場所を変更して作るようにはしていたが、トマトとキュウリはアーチを作ったり、網掛けをやったりしなければならないので、手間がかかる。
_20170430_183741.jpg
連作障害を回避できる肥料や薬剤もあるのは知っていたけど、今年も手間をかけて第一弾トマトアーチを作り直して、トマト苗を定植。
昨年はトマトが食べ頃になると野鳥やハクビシンの襲撃を受けたので、一工夫して屋根のビニルの下のオープンな足元には、イノシシ除けの網を張った。
少々手入れはしにくくなってしまうけど、美味しく食べる為にはやむを得ない。
KIMG3163.jpg
金山かぼちゃの苗も順調に成長中である。
DSCN0269.jpg
カボチャは連作障害は無いらしく、昨年と同じアーチの場所に作りことにし、鍬で耕し、肥料等を溝施肥した。
土日の二日間が天気にも恵まれ、筋肉痛が出るほどガッチリと野良作業に勤しみました。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

土壌酸度計 GET! 予想外の土壌だった。

KIMG3173.jpg
野菜は土壌が酸性だと上手にできないので、苦土石灰を蒔いて土壌をアリカリ性にしなければならない。・・・と言う認識だったが、良い堆肥や肥料を与えても上手にできなかった。
土壌の酸性度が気になっていたので、以前から土壌酸度計が欲しいと思っていたが、カボチャには鶏糞が良いと聞き、
コメリに購入に寄ったら、酸度計がレジの脇に並んでいた。それも破格値980円。即購入。
帰宅して、スキップしながら畑に差し込むと、、、なんとそこはPH7!(中性)だった。
KIMG3174.jpg
最適な土壌PH表ではマメ類は6.0-7.0なので、もう少し酸性の方が良いというのが明らかになった。
KIMG3163.jpg
まもなく定植しなければならない「金山かぼちゃ」
適正酸度はPH5.8-PH6.8で、比較的、酸性度を好むようである。
アルカリ・アルカリという意識で曖昧にしていた土壌の酸度の実情をようやく知ることができ、無知を悔やんだ次第でした。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

今季のニンニク成長

KIMG3156.jpg
東西方向に畝たてしたニンニク。
福岡県産と、中国産の2種のニンニク。
先週、サビ病対策の種に殺菌消毒をやったばかりだったので、毎朝様子を見る。
暖かくなり、日増しに背丈が伸びてきているが、葉先が紫色に変化した出した。
それは中国産のニンニクに限られていた。
何なのだろう・・・
その謎解きも、また、野良仕事の深さであり、奥深い世界に感じ楽しくなってくる。
病気ではない事を願う・・・。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

咲きわけ花桃が満開

DSCN0221.jpg
DSCN0222.jpg
DSCN0225.jpg
DSCN0228.jpg
DSCN0229.jpg
伊達市霊山町小国地区の主要道路沿って咲き誇る花桃
大きくはないのだったが、ひと際美しい

道路の反対側には、未だに除染廃棄物の仮置き場が残されたままで、原発事故による追加避難区域となっていた。
未だに人影は少なく、活気は失われたままだけど、花々は変わらずに季節を告げている。





テーマ : 癒しと潤いのある生活
ジャンル : ライフ

FC2カウンター
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ドットドット

Author:ドットドット
原発事故まではハーブや自家製野菜・果物作りの生活を満喫していましたが、放射能汚染されてしまい、もう無理。
今は仲間と大好きな山登りをして写真を撮り歩きして楽しんでいます。
原発事故後の風土と日常をとりあげてをいこうと思います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: